デルタ航空 羽田→ロス DL636 深夜便に乗ってきたよ!

[ad]wpX

こんにちは、なごみっくすです。
この度の海外旅行では、デルタ航空を初めて利用しました。

今日はそのフライトの様子をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

羽田空港を深夜に出発

この便は、羽田空港を深夜00:25に出発するのですが、20:30に新千歳空港を飛び立って大体1時間半後ですから、22:00頃に羽田に到着したはずですが、羽田空港自体は思ったより夜中感はありませんでした。多分、もっと遅いと閉まっているお店が多くて…という感じなのでしょうが、わたしたちは新千歳→羽田の便から乗り換えだったせいもあり、そんなにお店に寄ったりする暇はありませんでした。店舗も閉店したばかりみたいなところも多くて、近くに行ったらやってなかった、みたいな感じが何軒かありました。

なんだかんだ言ってるうちに国際線に乗ることに

で、とりあえずまず最初に航空会社のチェックカウンターでチェックイン。

荷物は新千歳で預けたのでロスまでそのまま行きます。(乗り継ぎじゃない方はここで預けますね。)

そのあとはセキュリティーチェック、税関、出国審査と進んで、搭乗口へ。

パスポートと搭乗券を持ってればなんとかなります。

今回は141番搭乗口でした。一番端にあるので、行動は早めに。10分以上はかかります。

出国してから搭乗するまでに飲み物欲しいとか

さて、ここまで突っ走ってきて、「あ、これから長い時間飛行機乗るんだな」と思ったら急に喉が渇いてきました。

途中の動く歩道に乗っている時に自販機が見えたのですが、「ま、他にもあるでしょう」と思ってスルー。そしたら、同行の友達たちが「なんか自販機ないっぽいよー」と戻って来てるではありませんか。わたしたちも結局戻ってその自販機で買いました。

実際、そんなにたくさんの自販機がある訳ではなさそうなので、見つけたら買っておく、というのをおすすめします。

とか書いた後でアレなんですけど、141番搭乗口に向かってエスカレーターを降りたら、お手洗いと自販機、ありました(^_^;) 同じ搭乗口の場合はご参考に。

でも、「トイレと自販機はあったら行っとけ」は良い心がけかと思います。

海外旅行初めての方にとっては特に大事かと思いますが、空港でのお手洗いが日本でのラストトイレになります。

こんなにトイレ環境の良い国は日本しかないんじゃないかと思いますので、ぜひ出国前に思いっきりスッキリしてご出発されることをおすすめします!

いよいよ搭乗!

搭乗口までは日本人がたくさんいますが、飛行機に乗った瞬間からアメリカがはじまっちゃいます。

わたしの印象としては、

  • CAさんはアメリカの方があっさり
  • 日本語話せる方もいるけど、国内線のCAさんとは違う
  • でも良い人(まあ、人による)

日本のサービスは丁寧だって言われてる意味が何となくわかりました。

さあ乗ったぞ!

自分の席を見ると、

  • まくら
  • アイマスク
  • ブランケット
  • イヤホン

のアメニティが置いてあります。

個人的には枕が嬉しかったですね。

前にNY行った時はANAでしたが枕はなかったような気が。

一応眠れるようなセッテングをしつつ、離陸を待ちます。

この時、メニューを見て「機内食はどうしようかなー」なんて考えるのも楽しいですね。

離陸後ほどなく

水平飛行になってから、CAさんが向こうからトング片手に登場。何かをつかんで乗客ひとりひとりにあげてるようです。

自分の番が来て、受け取ってみると、あったかいおしぼりでした。

なんかあったかいものっていいなぁー!とうれしくなりながら、手をふきふき。おじさんみたいに顔ふきふきしたい気持ちもありましたが、さすがにやりませんでした(^_^;)

 おしぼりさんが通り過ぎて、その後ドリンクをいただきました。ドリンクメニューいろいろあるんですね。すごいや。で、冷たいのは氷入れるか/入れないかを聞いてくれてうれしいです。(わたしは氷ない派)


しばらく後、違うCAさんから渡されたのがこちら。

ENJOYデルタ巾着。


中には

  • グレープゼリー
  • エンゼルパイ
  • お水(カップ)

が入ってました。

 あ、これが、
ファーストサービススナックって書いてあるやつですね!

という訳で、サンドイッチもいただきました。 

はい、完食。

最後にコーヒーまでいただいちゃいました。


一応スターバックスのコーヒーみたいですが、期待しない方が良いかも。ちょっと味薄めでしたが、コーヒー好きなのとあったかい飲み物ってことで普通にうれしいです。

実際寝る前のコーヒーはお手洗いが近くなるのであまりお勧めじゃないです。みんな起きてる時間の方が良いかもね。

お手洗いに行きたい時、座席は3人とか4人とかつながってるので、奥の席になった時は、隣の人が席に立った瞬間に一緒に行くのがおすすめです。何度も立ってもらうの言いにくいですしね。

とゆうわけで、このスナックタイム終わったらさあ寝るぞムードが高まりますので素直に眠ることにします。

まあ、ここで眠れない場合は映画など見てたりすると、起きてる人にはドリンクやスナックなどくれるようです。(わたしは寝てたので割愛…)

ちなみに日本語で観れる映画は5種類位ありましたが、あまり「見たい!」って思うものはなかったです。。。

いよいよ、機内食がくる!

到着2時間前位に機内食がきます。合図としてはCAさんがトング持っておしぼり配り始めたら、いよいよ、という感じ。

この2種の中から、牛丼を選びました。当分和食とお別れだと思いますので。

確か”egg dish or beef dish?”と聞かれたので、”beef”と答えると良いです。

\(^o^)/

牛丼でもパンついてますね!

普通においしかったです。少し甘めの味付けでした。

アメリカのお米は粘り気がないので、こんな日本風のごはんはアメリカ滞在中はなかなか食べれません。


カットフルーツがとってもうれしい。パイン・りんご・みかんでした。


牧場の朝ヨーグルト、ブルーベリー味。日本のヨーグルトはアメリカよりもさっぱりしてる、と後で思いました。


パンは多分冷凍パンを解凍したものじゃないかなーと思います。クロワッサンはなかなかおいしかったです。


パンにつける用にマーガリンといちごジャムついてきました。

あとはカップのオレンジジュースがついてましたね。ミニッツメイドです。フタはあまりがっつり開けずに飲むのがコツなんじゃないかと思います。(うっかり溢れる率高いので)

そんな訳で、機内食のご紹介でした。なかなか良かったですよ。

で、食べ終わって、お手洗い行く人がいたりして、バタバタやってるうちにアナウンス入って着陸、みたいな感じでした。着陸前に耳栓を忘れずにしてくださいね!

お友達は「全日空より良かった」って言ってました。わたしは和食はやっぱり全日空の方が日本人好みかなぁと思ったりしたけど、デルタもなかなかおいしかったです。

ちなみにロスに着いたら夜19:00位。まぁ、行き先がロスの方はホテル行ってゆっくりして、寝て、翌日に備えるって感じでしょうか。

わたしたちはその後、アトランタに向かうので、乗り継ぎます。

その様子もまた違う記事に書きたいと思います。

では、楽しい旅を!

Article Footer

「役に立った!」と思ったら、下のボタンをクリックしていただけるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

Meeはムームードメインロリポップ!で運営しています。ライトプラン 詳細はこちら

スポンサーリンク